七草粥と小豆粥

【七草粥と小豆粥】
明日1月7日に七草粥を食べる習慣は皆さんありますか?( ^ω^ )♩
正月食べ過ぎたという方、七草粥を食べて身体を休めましょー!💕

七草とは?

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロのこと。

ナズナ…熱や血圧を下げる
セリ…鉄分が多く、貧血予防や便秘解消に
ゴギョウ…咳やのどの炎症を沈静化
スズシロ…消化促進および便秘解消
ハコベラ…薬草として親しまれ、ミネラルが豊富
スズナ…消化を促し、腸内環境を整える
ホトケノザ…胃腸の働きをよくし、食欲が増す
という効果があり、
「人日(じんじつ)」の日に食べるお粥が七草粥です。
「人日の節句」の行事で、五節句のひとつ✨

人日とは、文字通り “人の日”という意味で、
古代中国で元日に鶏、2日にいぬ、3日に猪、
4日に羊、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀
を占う行事があり、7日は人に刑 罰を与えたりせず、
7種の若葉を粥に入れて無病息災を願っていたことに由来します。

◎小豆粥は、小正月〈一月十五日〉に小豆粥を食べて
悪鬼を避け、疫病を払うという風習です。

これも門戸を祀るのに豆の粥をつくったという中国の風習に習ったものです。

日本では、望の日〈十五日〉の粥なので
望粥(もちがゆ)ともいいますが、粥占(かゆうら)といって
豊凶や天候を占ったり、粥を炊くときにかきまわす粥杖(かゆずえ)を
祝い棒といって成木責(なりきぜめ)や嫁叩きに使いました。
祝い棒は、豊穣の力を持つとされ、これで叩くと子どもが生まれるとか、
果樹がよく実るというまじないです。

また、小豆の赤には神秘な力があり、疫病よけのまじないとなっていたのです。

祝い事があると、赤飯を炊くことがありますが、
これも同じ風習から生まれたものですよぉ😊

 

ぜひ身体をリセットするためにも作ってみてはいかがでしょう( ^ω^ )♩

 

ブライダルモデル
あきちゃんのまめ屋 代表
井上晶湖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です