味噌の中の菌について

皆さん、味噌の中にどんな菌がいるか知っていますか?
image

味噌の主な原料は大豆、塩、麹
だけどそれプラス酵母や乳酸菌の
助けを借りて出来ています( ^ω^ )♩

ということは味噌を作るときの
微生物は、麹菌、酵母、乳酸菌☆

こっからが難しいよぉ〜っ!!

麹菌は味噌を作る前に死んで
タンパク質やデンプンを分解する
酵素をつくるんです!←麹菌、犠牲者?笑

ちなみに麹は日本の『国菌』として
日本醸造学会で認定されてます*\(^o^)/*

ほんでから酵母が味噌の香りを作ってくれて、

乳酸菌は乳酸を生み出し
生酸味を出して雑菌の繁殖を抑える優れものです

味噌は、大豆を丸ごと使うだけでなく、大豆の栄養を菌が分解することで吸収しやすくしていて

さらに発酵によってうま味だけでなく、ビタミンB群やE、そのほか多くの酵素など身体に有用な成分が生まれるんだよ!

肉や魚の味噌漬けなどが保存食として作らるのは、
味噌のタンパク質がにおいを取るだけでなく
味噌自身が大腸菌や有害菌を殺す作用を持つためです( ^ω^ )♩

%e5%86%99%e7%9c%9f-2015-03-24-17-45-14

以上、菌の説明でした🌸

井上晶湖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です